9月3日~10月31日 蹄鉄のひみつ展開催

今年の馬文化祭りは、「蹄鉄のひみつ展」と題して、様々な蹄鉄や、装蹄作業などを紹介いたします。 まずは、帯広競馬場スタンド中央の当会掲示板に、「装蹄作」と「蹄鉄の色々」を解説した大型パネルを展示。画像を使った解説をお楽しみください。 それらの解説パネルの前には、ショーケースを2台設置。1台目には、ばんえい初の1億円馬キンタローの蹄鉄やメジロゴーリキが今年のばんえい記念で着用していた蹄鉄など、貴重品を展示いたしました。そして2台目には、変遷著しい、冬用蹄鉄をずらりと並べました。 時代や、ばんえい競馬の変化によって大きく変わって来た蹄鉄。馬の足元を守る重要な装具から、馬文化の変遷が垣間ていただければ幸いです。 なお、馬文化祭り恒例の「実馬を使ったイベント」を、今年も計画中。残念ながら、ばん馬を使うことは未だできませんが、10月2日の、ばん馬まつり開催時には、当会のポニー=エクレアと共に、楽しい馬体講座を開催する予定です。勿論、今年のキーワードである蹄鉄も持参。ばんえい競走馬の大きな蹄鉄から、ポニー用の極小蹄鉄まで、実際に皆さんに触っていただきながらの楽しいイベントにする予定ですので、是非、当日は、帯広競馬場においでください。

名馬が使用した蹄鉄。上段はナリタボブサップとメムロボブサップの、親子の蹄鉄
上段は、ばん馬、サラブレッド、ポニーの蹄鉄。下段は、機会化前から現在に続く様々な形の冬用蹄鉄。

啓西小学校「競馬場農園」活動開始

今年も、啓西小学校が競馬場内で実施している「競馬場農園活動」が始動する時期が来ました。コロナ前は、同校3年生が賑やかにジャガイモや大豆を播くのですが、残念ながら今年も児童による作業は見合わせ。それでも、校長先生も含む先生や用務補の皆さんが、懸命に作物を植えて、春の作業は無事に終了しました。

競馬場の関係者の皆さんがトラクターで春耕をしてくださったり、出入りの業者さんが肥料を寄付して下さったり、と、多くの方々の好意で続けられているこの活動。今年こそは、是非にも、夏の草取りや秋の収穫に児童たちが参加できますように、と心から祈るばかりです。

建設中の十勝農協連ビルを背景に、作物の植え付けに励む先生たち

5月18日、25日 乗馬講習会(若手育成事業)

3月末に実施した乗馬講習会は、高校生を対象としたものでしたが、今回は大学生が対象。将来、馬と人を繋ぐ職業に就きたい、ということで、今回は、競技志向が強い大学馬術部とは目的を異にする「馬との親和性を図る」、ゆったりと乗馬を楽しんでもらいました。

全国乗馬倶楽部振興協会の支援を受けて展開する若手育成事業ですが、厩務員、騎手などを目指す若者だけではなく、今回のように、馬文化を下支えしてくれる若者にも馬の本質を知ってもらう講習会、実習などを実施して行こうと考えています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5月1日 ポニー撮影会実施

ゴールデンウィークイベントとして、本年度はポニー撮影会を実施いたしました。コロナ禍でも安全に馬とのイベントを楽しんでもらおうと、昨年から実施している撮影会ですが、短時間の「ふれあい」にも関わらず、今回も喜んで参加してくださる方が多く、大盛況の催しとなりました。

当会所有のポニー「エクレア」も昨年から3回目の撮影会とあって、モデル役も同に言ったもの。皆さんが横に立っても大人しくポーズを撮り続けてくれました。

また、撮影の後には日本馬事協会発行のブックレット「馬のいろいろ」を配布し、こちらも好評を博しました。

4月30日 フェアプレー賞表彰式

毎年、ばんえいアワードと共に行うフェアプレー賞の表彰。昨年度はオンラインでの表彰式でしたが、今年は、帯広競馬場表彰ブースでの実施となり、ファンの方々の見守る中での表彰式となりました。

残念ながら、厩舎関係者の出席は叶わず、フェアプレー賞を受賞した菊池騎手も画像での参加となりましたが、代理の滝沢ばんえい振興室室長に、当会理事・佐々木啓文から賞状とスワロフスキートロフィー、賞金50万円の目録が授与されると、ファンから大きな拍手が沸き起こっていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA