2月22日~5月11日 澤田真結・二科展入選作展示

恒例となった澤田真結氏の作品展示。今年も帯広競馬場スタンド入口横に展示いたしました。

残念ながら、コロナウィルス感染拡大防止のため展示翌週から帯広競馬場は閉鎖されてしまいましたが、多くの方々に鑑賞いただけるよう作者・澤田さんのご厚意で来年度開幕からゴールデンウィークまで展示を延長することといたしました。

今回の展示作は、今は亡きニュータカラコマ号を描いたものですが、下部に実際の蹄鉄を意匠、更に作品に立体性を持たせるなど、今での作品にも増して作者の意欲を感じさせられる迫力の溢れる作品です。帯広競馬場にお越しの節は、是非、ご一覧ください。

2月21日 2021年カレンダー用に朝調教撮影会

一昨年から当会で制作している帯広畜産大学写真サークル「ばんえいカレンダー」。来年用の同カレンダー制作のための畜大生限定の朝調教撮影会を実施しました。

来年のカレンダー写真の撮影、というと、気が早いと思われるかもしれませんが、雪景色を撮影できるのは、この時期だけ。今年も、雪が少なく、学生さんたちは苦戦していましたが、それでも朝日が昇る瞬間など、シャッターチャンスを逃すまいと、極寒の中、凍える手をこすりながら、懸命にシャッターを押し続けていました。

12月7日、8日 クリスマス・イベント「アドベントカレンダー作り」開催

毎年、帯広競馬場ばん馬ギャラリーで行っている「馬グッズ作り」イベントですが、今年は、主催者との同種イベントのバッティングを避けるために、早めに開催。この時期ならではの、クリスマス・カウントダウン用のアドベントカレンダー作りを来場者に楽しんでもらうことにしました。

クリスマスまでのカレンダーに、馬のシールやボタンなどを貼りつけてカレンダーを作る工作イベントですが、カレンダーの裏側のポケットにチョコレートやキャンディーを入れて完成! ということで、小さなお子さんから、競馬ファンの紳士まで、皆さん、懸命に工作にチャレンジ。

最後にお菓子をポケットに入れると、誰もが笑顔に。競馬場に来た方々に楽しいひと時を提供する……そんなことも当会の使命、と実感したイベントでした。

11月23日~1月中旬(予定)猪又健志 巨大アート展「オビヒロ -6時53分の幻想-」開催中

首都圏在住のアーティスト猪又氏の巨大アート展を今年も開催しています。

場所は帯広競馬場ふれあい動物園内ばん馬ギャラリー。3年目となった今年は、巨大パネル3点を展示。朝靄の中を黙々とソリをひく馬たちの姿は、タイトルに記された通り、正に幻想的。朝日が昇る刹那、躍動する馬たちのシルエットに、馬たちの息と汗が湯気となって輪郭を縁取る、そんな極寒の調教風景を、特大のパネル写真の大迫力でご覧いただけます。是非、帯広競馬場にお越しの際は、スタンド南側のギャラリーまで足をお運びください。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

11月8日 当歳馬展示会後援

1才馬決勝大会同様、生産者支援の一環として後援させていただいている同展示会ですが、今年も20頭を超す十勝管内の優良当歳馬が集まりました。

当日、会場に到着した当歳馬たちは体高、胸囲、管囲を測定された後に、会場に引き出され、他馬たちと並んで、観客に、その堂々たる体躯を披露。生産者は勿論、馬主、調教師、騎手、厩務員、その他、ばんえい関係者の目を楽しませていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA