パネル処分展 第2弾実施中

イベントなどで展示したパネルを捨てるのは勿体ない……というより、馬が写っている写真をゴミにするのは何となく心傷む……ということで、昨年から展示パネル処分展と題して、パネル譲渡のイベントを行っています。以前は無料でお譲りしていましたが、安易に廃棄される事例がありましたので、現在は、当会に数百円寄付していただいた方に進呈しています。

展示直後に、アンローズやフジダイビクトリーなどのパネルがもらわれて行ってしまったのですが、インフィニティ―やカネサブラックのパネルなど展示中ですので、是非、この機会に連れて帰ってあげてください。

2月1日~15日 名馬パネル処分展開催

 当会では様々なイベントを開催し、馬に関するパネルなども制作しますが、イベント終了後のパネル処分には、いつも苦慮します。ゴミとして廃棄すればいいのですが、馬が写っているものを無下に廃棄するのは、何となく可哀想で……
 そこで、時折、競馬場内リッキーハウスで、こうしたパネル展を行い、馬たちの写真を連れ帰ってもらうことにしています。
 ずさんに扱われるのを防ぐために、当会に寄付(数百円程度)していただいた方に限らせていただいていますが、勿論、これらの寄付金も、ばんえい競馬を始めとする馬文化支援のためにしっかり使わせていただきます。
 今後も、不定期ではありますが、ハレパネや額装したものなど、ばんえい関係のパネル処分の際は、こうした処分展を開催しますので、是非、お気に入りのパネルを見つけて、お家に連れて行ってあげてください。
 因みに、展示場所は帯広競馬場スタンド入口の「ばんえい展示コーナー」。今回はヒカルテンリュウやフクイチ、シマヅショウリキなど、四市時代を彩った歴史的名馬を展示しましたが、展示開始早々にマルゼンバージとスーパーペガサスのパネルをお持ち帰りされた方がいらっしゃいました。渋い!

12月7日 競馬場関係者でクリスマス装飾

クリスマスシーズンを迎えて、競馬場関係者が集まってスタンド内にクリスマス装飾をいたしました。

当会の声掛けで毎年行っているこの飾り付けですが、今年も、ばんえい広報、馬主会、そして、帯広市観光課が参加。梶尾花園さんが提供してくださった大小2基のクリスマスツリーと、スタンド入り口周辺を、クリスマスらしく電飾などで飾り付けました。

12月24日まで、競馬場関係者が心を一つにして取り組んだ装飾が皆様の御来場をお待ちしています。

 

中央の銀のオーナメントは、谷あゆみ調教師のお手製

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2月3日・4日氷まつりフェア開催

帯広市内緑が丘公園で開催された「氷まつり」を盛り上げようと、帯広競馬場内にある当会リッキーハウスで「氷まつりフェア」を開催いたしました。

氷まつり開催期間中は帯広競馬場からは祭り会場までシャトルバスが出ていることもあり、競馬場内には氷まつり帰りの家族連れも多く訪れます。そんな方々に楽しんでいただけるよう、ファミリー向けの商品を安く提供。「氷まつり」と、ばんえい競馬、両方を楽しんでいただけるようスタッフ一同、頑張りました。

騎手グッズ2種新登場

今まで当会グッズにはなかった騎手グッズがいよいよ新登場。全騎手の勝負服を並べたマフラータオルと、騎手勝負服をデザインしたストラップ。この2種類を制作しました。グッズを買って、お気に入りの騎手さんを応援してください。

マフラータオル 1200円 長さ 約20㎝ 幅 約110㎝

騎手服ストラップ480円

 

 

 

 

 

島津新騎手         阿部武臣騎手      大河原和雄騎手      鈴木恵介騎手