3月18日~31日 ばんえい記念横断幕貼り出し

今年の、ばんえい記念は、多くの方々が来場され、コロナ以前の活況……とまではいかないまでも、それに近い賑わいを見せ、久々に楽しい雰囲気に包まれた大一番となりました。

こうした盛り上がりの一助になれば、と、今年も、イラストレーターらんさんが送って下さった横断幕を掲示。なるべく大きく印刷して皆さんに見てもらいたい……でも、大きな掲示物を貼る場所がない……と、例年、掲示場所の選定に苦慮するのですが、今年は、スタンド中央の当会掲示板の下部を利用。掲示板には「重賞スケジュール」が貼り出されているため、この位置の掲示となりましたが、それでも、らんさんの愛らしいイラストは多くのファンの目をひいて、好評を博していました。

澤田真結作品展開催 2月23日~3月21日

ばんえい記念の季節の定番イベントとなった澤田真結作品展。今年も帯広競馬場スタンド東入口横ばんえい展示コーナーにて開催いたしましたが、今回は、例年の大型作品の展示から趣向を変えて、軽妙なタッチのイラスト5点を展示。「Lovely BANBA Horses!」と銘打った今回の展示では、「声援に反応してしまう」や「ゴールの先の厩舎に向かって疾走」といった、ばんえいあるあるを可愛く描いた作品を揃え、楽しみながら馬への理解醸成を図る作品展となりました。

パネル処分展 第2弾実施中

イベントなどで展示したパネルを捨てるのは勿体ない……というより、馬が写っている写真をゴミにするのは何となく心傷む……ということで、昨年から展示パネル処分展と題して、パネル譲渡のイベントを行っています。以前は無料でお譲りしていましたが、安易に廃棄される事例がありましたので、現在は、当会に数百円寄付していただいた方に進呈しています。

展示直後に、アンローズやフジダイビクトリーなどのパネルがもらわれて行ってしまったのですが、インフィニティ―やカネサブラックのパネルなど展示中ですので、是非、この機会に連れて帰ってあげてください。

2月1日~15日 名馬パネル処分展開催

 当会では様々なイベントを開催し、馬に関するパネルなども制作しますが、イベント終了後のパネル処分には、いつも苦慮します。ゴミとして廃棄すればいいのですが、馬が写っているものを無下に廃棄するのは、何となく可哀想で……
 そこで、時折、競馬場内リッキーハウスで、こうしたパネル展を行い、馬たちの写真を連れ帰ってもらうことにしています。
 ずさんに扱われるのを防ぐために、当会に寄付(数百円程度)していただいた方に限らせていただいていますが、勿論、これらの寄付金も、ばんえい競馬を始めとする馬文化支援のためにしっかり使わせていただきます。
 今後も、不定期ではありますが、ハレパネや額装したものなど、ばんえい関係のパネル処分の際は、こうした処分展を開催しますので、是非、お気に入りのパネルを見つけて、お家に連れて行ってあげてください。
 因みに、展示場所は帯広競馬場スタンド入口の「ばんえい展示コーナー」。今回はヒカルテンリュウやフクイチ、シマヅショウリキなど、四市時代を彩った歴史的名馬を展示しましたが、展示開始早々にマルゼンバージとスーパーペガサスのパネルをお持ち帰りされた方がいらっしゃいました。渋い!

12月7日 競馬場関係者でクリスマス装飾

クリスマスシーズンを迎えて、競馬場関係者が集まってスタンド内にクリスマス装飾をいたしました。

当会の声掛けで毎年行っているこの飾り付けですが、今年も、ばんえい広報、馬主会、そして、帯広市観光課が参加。梶尾花園さんが提供してくださった大小2基のクリスマスツリーと、スタンド入り口周辺を、クリスマスらしく電飾などで飾り付けました。

12月24日まで、競馬場関係者が心を一つにして取り組んだ装飾が皆様の御来場をお待ちしています。

 

中央の銀のオーナメントは、谷あゆみ調教師のお手製

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA