嬉し楽しグランプリ前夜祭

真夏の夜の競演「ばんえいグランプリ」を盛り上げようと企画した「ばんえいグランプリ前夜祭」を8月15日、帯広競馬場にて行いました。
 ばんえい記念前夜祭とは違い、焼き肉を食べながらの有料イベント。ということで、参加者は19名と、ちょっと少なめ。こんな人数で盛り上がるのかしら、と一抹の不安を抱きましたが……全くの杞憂。
 コースが目前に広がる絶好のビューポイントに陣取って、まずはビールで乾杯。口を潤したところで、競馬評論家・斎藤修さん(当会顧問)、古林英一・北海学園大学教授(当会理事)、それに不肖・旋丸を加えた3人でグランプリ予想会。古林先生の軽妙なトーク、斎藤さんの精緻な分析、旋丸のどうでも良い話に、参加者全員、笑ったり、うなずいたり、野次を飛ばしたり……。
20090815-1822-26.jpg

 そんな予想会の後に満を持して登場されたのがミスターばんえい・金山明彦調教師。ばんえい記念前夜祭にも登場いただいた金山先生ですが、今回は、伝説のミスターを19人で独占。グランプリのみならず、ミスター自身も騎乗されるマスターズカップについて、存分にお話をお聞きすることが出来ました。
 そして! 普通のレースでは絶対に出来ない「調教師の予想」も、エキシビションレースであるマスターズについてはOK。ということで、調教師さんが、レース予想の印を打つ、という世にも珍しい光景が展開されました。
20090815-1830-32.jpg
20090815-1821-21.jpg
リッキーも予想
20090815-1908-58.jpg

 そんな楽しい嬉しい前夜祭も、アッという間に終盤に突入し、いよいよ最後は、お楽しみ抽選会……ですが、何しろ参加者が少ないので、選り取りみどり。
 厩舎関係者のご協力で用意されたフクイズミの額入り写真や、有名種牡馬の大型写真、それにグランプリ参加騎手のサイン入りグッズ。その中から、参加者全員が、好きな馬の、好きな騎手のグッズを難なくゲット。大満足の笑みが並びました。
20090815-1936-60.jpg

 このように楽しい前夜祭になったのも、参加して下さった会員各位、準備に奔走してくださった役員各位、そして、ご協力いただいた厩舎関係者各位のお陰と、心より御礼申し上げます。
 今回ご参加いただいた皆さんは勿論、今回参加できなかった会員諸氏も、9月17日の騎手交流会でお会いしましょう!
20090815-1821-24.jpg
20090815-1822-29.jpg
20090815-1809-20.jpg
ビール・ワイン飲み放題でした♪

20日は審査会に集合!

いよいよ『未来の帯広競馬場デザイン・コンクール』の審査会が20日に迫ってきました。
一次審査を通過した優秀作5作のプレゼンテーションと、審査員による審査・表彰式を行いますが、来場者も審査に参加いただけるのが、このコンクールの画期的なことろ。
来場者には、5作の中から最も良かった作品に投票いただき、多数を獲得した作品には「市民賞」を授与いたします。

 ばんえい競馬が未来永劫輝きつづけられるよう、市民の声を結集したいと思いますので、皆様、是非、ご参加ください。
          『未来の帯広競馬場デザイン・コンクール』次第(予定)
       
  とかち馬文化を支える会主催

 司会 小枝佳代(とかち馬文化を支える会理事)

******* 開 会 の 挨 拶 ****** (18:30~)
    柏村文郎 とかち馬文化を支える会理事長

******* 審 査 員 ご 紹 介 ****** (18:40~50)

******* 優秀作品プレゼンテーション ******(19:00~)
                 
(1) 十勝の真ん中帯広競馬場    上田 ヨセフ(~19:10)

(2) 最強の集客施設    河口 晋一(~19:25)

(3) 未来の帯広競馬場   十勝馬事振興会青年部会・宝田 浩二(~19:40)

(4) 未来のばんえい・帯広競馬場構想   帯広畜産大学版英研究会・大江史晃(~19:55)

(5) 命を担う本拠地確立化プロジェクト ゆめきかく夢希掴・堀内康秀(~20:10)

******  審 査 タ イ ム  ******(~20:30)
 
審査  審査員……控え室(302号室)にて審査
会場参加者……市民賞投票

****** 結 果 発 表・表 彰 式・審 査 委 員 長 講 評 ******(~20:45)

******* 閉 会 の 挨 拶 ****** 
    柏村文郎 とかち馬文化を支える会理事長

と き: 平成21年 8月20日(木) 18:30~
ところ: とかちプラザ・視聴覚室160名収容
問い合わせ: とかち馬文化を支える会    ℡ 0155-67-6890 

◎ 審査員リスト 

審査員長 金山紀久(帯広畜産大学畜産衛生学研究部門・食品衛生科学分野教授)
審査員  秋元 和夫 (帯広信用金庫 地域経済振興部 執行役員部長) 
     絲山秋子(芥川賞作家)
黒田栄継(十勝地区農協青年部協議会会長)
     笹川洋子(消費者協会副会長)
     藤岡賢 (社団法人帯広青年会議所)

◎ 協 賛
北海道新聞、十勝毎日新聞 

ばんえいに関わる公開質問状を、立候補予定者に提出

廃止の危機からなかなか脱しきれない「ばんえい競馬」ですが、このような現況を踏まえ、帯広競馬場が位置する北海道11区の衆議院議員選挙立候補予定者の方々が、ばんえい競馬に対して、どのようなご意見をお持ちであるか、公開質問状にてお伺い致しました。
質問状は、8月12日、配達証明にて郵送しておりますので、各候補予定者から回答が届き次第、当ブログ上にて公開する予定です。

                                   2009年8月11日
北海道11区立候補予定者各位
                  特定非営利活動法人 とかち馬文化を支える会
                             理事長 柏村 文郎
                    公 開 質 問 状

廃止の危機にあったばんえい競馬がばんえい十勝として生まれ変わり3年目のシーズンを迎えました。ばんえい競馬は北海道の大地と歴史が生んだ世界で唯一の競馬です。競馬は馬券収入に基づく自治体財政への寄与のみがとかく喧伝されますが,雄大な馬体を誇るばん馬とそれを御する人とがおりなすドラマは,それ自体大きな価値をもっているといえましょう。3年前の秋,廃止の危機に立たされたばんえい競馬がとにもかくにも今日存続し得たのは,十勝から全国に広がった存続を願う市民の声があったればこそでした。私たちNPO法人とかち馬文化を支える会は、そうした市民の声を結集し、十勝の馬と馬事文化を次代に継承し、地域の活性化に寄与することを目的に設立された団体であり、ばんえい競馬支援をはじめ、広く活動を行ってまいりました。
 しかし、ばんえい競馬をとりまく環境は依然として厳しいことも事実であります。
 そこで、今回の衆議院議員候補者各位に、ばんえい競馬に関わる以下につきまして、どのようなご見解をお持ちであるか、お尋ねする次第でございます。つきましては、お手数ではございますが、公示日までに、下記質問事項に対して書面にてご回答いただきますよう、お願い申し上げます。

【質問事項】

1. ばんえい競馬は地域にとって有用であるか否か、お答えください。
・ 有用と回答いただいた方へ
具体的に、どのような分野・場面において有用と考えられるか?   
・ 不用と回答いただいた方へ
      どのような点において、ばんえいは不用と考えられるか?

2. 地域活性化のために、ばんえい競馬をどのように活用すべきか、具体的にお答えください。
                                   以上

ばんえいマスターズカップ 出場予定騎手1

何度かお知らせしています通り、15日はばんえいグランプリ前夜祭!
そしてグランプリ当日行われるのが往年の名騎手たちによる「ばんえいマスターズ」!
過去に何度か行われていた名企画。見たいねーという企画が当会によって今年、久々に実現いたしました。ばんざーい!
出場予定騎手を紹介いたします。服部先生だけ、どこ探しても騎乗写真がないの…リッキーに乗っているのまでない!一番ありそうな気もするだけに、不思議なものですね。            (斎藤)

金山.jpg
久田.jpg
中島.jpg
かねた.jpg
にし.jpg