調教見学会&スペシャルバックヤードツアー

騎手交流会の次の日の13日朝、交流会のオプションとして、調教見学会とスペシャルバックヤードツアーが行われました。交流会の参加者から12名が参加しました。
真冬の調教コースで、馬が吐き出す白い息と湯気の美しさに感動。
20100213-0715-06.jpg

フクイズミも挨拶に来てくれました。
20100213-0730-13.jpg

なんと、厩務員さんのご好意でそりにも乗せてもらったんですよ!
20100213-0715-09.jpg

その後、スペシャルバックヤードツアー。通常ばんえい十勝で行われているバックヤードツアーにプラスして、装蹄所や診療所をコースに加えた、スペシャルコースです。
20100213-0831-32.jpg

ナリタボブサップがご挨拶。
20100213-0838-38.jpg

検体採取所という、レース後の尿検査をする場所にも案内していただきました。
20100213-0920-122.jpg

装蹄所。たくさんの馬たちが、蹄鉄をつけていきます。
20100213-0848-53.jpg

診療所です。ブログ「“世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所]が人気の十勝ドラフトホースクリニックです。
20100213-0900-87.jpg

ブログで有名なにゃんこ先生にも会うことができました。
20100213-0913-115.jpg

新たなばんえいの魅力に触れることが出来ました。朝早い時間から参加していただいた方々、今回の企画を支えて下さった方々、ありがとうございました。(斎藤)

「真冬の騎手交流会」が行われました

2月12日、当会主催の「真冬の騎手交流会」が行われました。
一般参加者17名、騎手・調教師17名で、スタンドの一部を貸し切って行われました。
担当理事やボランティアの方に、おでんなど様々な料理を用意していただきました。ありがとうございました。
20100212-1924-05.jpg
騎手と参加者で一つの鍋をつつきながら雑談。
お酒が入って気分がよくなった騎手の方々との会話に、至るところで爆笑の渦が…
笑ってばかりじゃないんですよ。勝堤騎手の復帰の際の話や、ばんえいに対する考え方に感動したり…

20100212-2008-12.jpg

恒例のお宝グッズ抽選会では、騎手の方とのジャンケンでプレゼントが決まりました。
「騎手以外の方、立ってください」と言った時に安部騎手が「一人前の騎手以外も立て」と。迷うことなくすっくと立ってくださった騎手の方々、頑張ってください。
その後も、騎手と写真を撮ったり、大きなサインをいっぱいもらったり。
藤本騎手会長は「こんなに喜んでもらえるんなら、騎手会でも交流会を考えたい」とおっしゃっていました。
当会では今後も、ばんえいファンの方が喜ぶ企画を行っていきますので、よろしくお願いいたします。
(斎藤)

札幌支部交流会・Aiba石狩イベント

すっかり報告が遅れてしまいましたが……。ばんえいダービー当日の12月27日,石狩市のAiba石狩において「ばんえい十勝場立ち予想会」が行われ,当会の古林理事と高野監事がレース予想を披露しました。また,Aiba石狩を運営するサテライト石狩さんが主催でばんえい十勝の馬券購入者を対象にした抽選会が催され,札幌の会員有志がそのお手伝いを務めました。
抽選会は大変好評で,メインレースを待たずに用意された大量の景品が無くなるほどの大盛況,また場立ち予想イベントも(予想の当たり外れはともかく)和やかな雰囲気で行われました。
20091227-1452-06.jpg
20091227-1453-07.jpg

 Aiba石狩でのイベント終了後には札幌市内に場所を移して忘年会を兼ねた顔合わせ会。スペシャルゲストを含めて総勢11名,馬談議やばんえい談議に花を咲かせました。

 なお,今回の顔合わせ会ですが,会員の皆様へのご案内が遅れたことや年内最後の日曜日ということもあり,参加したくてもできなかったという方もいらっしゃったようで,ご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ありませんでした。札幌支部として,会員同士で顔合わせをする機会をこれからどんどん増やしていきたいと思いますので,その節には会員の皆様のご参加をお待ちいたしております。
 また,Aiba石狩でのばんえい十勝場立ち予想会ですが,次回は1月24日に開催する予定です。これからもだいたい月に1度ぐらいのペースで予想会を行っていく予定ですので,皆様お誘いあわせの上,Aiba石狩に遊びにいらしていただければ幸いです。(高野)

札幌支部サイト

1月2日川崎競馬場イベント・東京支部交流会

あけましておめでとうございます。とかち馬文化を支える会東京支部のKYOKOです。
1月2日は帯広記念で、本場ではさまざまなイベントが行われたようですが、みなさん楽しまれましたか?
この日、帯広記念の馬券は全国発売されており、川崎競馬場ではそれを記念して「帯広記念deお正月」というイベントが開催されました。
イベントのひとつとして、当会からも出店。わたしと相方がグッズ販売を務めさせていただきました。

kawasaki20100102_1.jpg
▲設置を終え、お客様を待つばかりのグッズ販売所。

9時から設営して、10時~17時半までのグッズ販売でしたが、開場直後はぽちぽちとボールペンが売れる程度(マークカードの記入用でしょう)。
でもだんだん入場者が増えてくると、DVD持ち込みで放映していたばんえいのレース映像に見入る人も増えてきました。とくに、年配のおじちゃんたちが楽しそうにレースを見ていて、相方が「ソリの後端がゴールなんですよ」などと説明すると、「そうなんかい!?」とびっくりして、興味をもって見てくれていたそうです。
午後には福袋が完売、関東のイベントではこの日が初お目見えとなっていたフクイズミクリアファイルも大人気でした。やはり、この日のレースに出走するというのは大きかったですね。

12時からは、ばんえいの馬券を1000円以上買ってくれた方を対象に、抽選で十勝の名産品やばんえいグッズが当たる抽選会。抽選開始と同時に、長蛇の列ができていました。ということは、みなさん馬券を買ってくださったんですね。
後日、OPBMの担当の方からご報告をいただきましたが、この日の川崎でのばんえい馬券売上は、昨対を上回ったとのこと。こうやって、関東でもばんえいを楽しむ方が増えてくれたらいいなあと思います。

kawasaki20100102_2.jpg
▲12時から始まった抽選会に、長蛇の列!

この日のイベントの目玉は、当会理事の矢野さんと、グリーンチャンネルなどでおなじみの“コジトモ”こと小島友実さんのトークショーでした。お2人は、2回にわたってばんえい競馬のみどころ、帯広記念の予想を披露。
わたしたちも、販売所から「これからトークショーありますよ!」と声がけをしたり、予想紙を配ったりとお手伝いをしましたが、当会顧問の斉藤修さんのほか、須田鷹雄さん、古谷剛彦さん、山崎エリカさんといった、競馬ファンにはおなじみの顔が続々とあらわれ、予想紙を配布してくださいました。
とくに仕事ということではなく、手弁当で集まられたみたいですね。

kawasaki20100102_3.jpg
▲矢野理事、小島さんのトークに聞き入る人々。

イベント終了後は、会報7号でも告知させていただいたように、東京支部の顔合わせ会を行いました。
矢野吉彦理事、斎藤修顧問を始めとした会員さん達に、飛び入り参加の山崎エリカさんも加わって、総勢11名の飲み会となりました。
ほとんどの方が初対面だったにもかかわらず、これだけ集まったのは、みなさんの「ばんえいを応援したい!」という気持ちが強いからですね。
こういった交流は、今後もぜひ続けていきたいと思います。関東在住で、今回参加できなかった方も、次の機会にはぜひご参加ください!
(KYOKO)

馬と遊ぼう! クリスマス! 写真

12月19日・20日には「馬と遊ぼう! クリスマス!」が開催されました。
当会の主催事業を、まずは写真で紹介します。

リッキーもクリスマスおしゃれ。
20091220-1211-49.jpg

馬クイズも行われました。
20091220-1234-72.jpg
20091220-1229-65.jpg
20091220-1230-70.jpg

この日はみんなクリスマスの格好をしていましたよ。着ぐるみリッキーも。
20091220-1520-88.jpg

1月2日は帯広記念です。ポスターかっこいい!
20091220-1229-67.jpg