7月13日 鹿追競ばん馬大会協賛

十勝地方でも数少なくなってしまった草ばん馬大会ですが、鹿追の大会は半世紀以上も続く歴史ある大会。そんな貴重な草ばん馬文化と、ばん馬の生産支援を支援しようという趣旨で、今年も、同大会に協賛金と賞品を提供いたしました。あいにくの雨ではありましたが、悪天候をものともせず、熱戦が繰り広げられました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

人と馬の共生プロジェクト始動!~より安全で快適な人馬の姿を求めて~

NPO法人とかち馬文化を支える会では、平成19年の設立以来、高い理想を掲げて、人と馬が共生できる環境の構築のため様々な活動を続けています。しかし、近年、馬関係機関には、人馬の安全性や馬の快適性などが強く求められるようになり、帯広競馬場を始めとする当会活動域でも、そうした諸問題と向き合う必要に迫られてきました。こうした状況を踏まえ、当会でも、人と馬とが安全に楽しく共生する環境づくりに向けて、本年度から全国乗馬倶楽部振興協会の補助を得て、「人と馬の共生プロジェクト」を実施することとなりました。同プロジェクトの概要は以下の通りです。

馬資源確保・育成事業 ~ポニーの購入と調教~

現在、出前授業では引退ばんえい競走馬が使用されているが、以前は、ポニーも併せて使用し、幼児や低学年児童が、馬とふれあう際の「入口」として有効に使用されていた。
このポニーが個人の所有物であったため、ポニーの死亡と共に、ばん馬のみを使った事業となっているが、小型馬の導入によって、以前のようなスムーズな馬とのふれあい体験を復活させる。

人材確保・育成事業 ~若手の人材育成~

ふれあい動物園を拠点とした様々な活動の中を将来に繋ぐためにも若手の人材、特に馬を管理、調教でき、なおかつ、人と馬を繋ぐ人材の育成が急務である。若い厩舎関係者に、相応の報酬を約束し、今後の活動に加わってもらうことを目標とする。

講習会の開催 ~初心者から指導者、児童からシニア層まで~

馬に精通した指導者を招いた講習会を開催し、具体的に、どうすれば安全に楽しく馬と共生できるかを、様々な人々に学んでもらう。対象は、既にプロとして馬を扱う人々から、競馬場を来訪した全くの初心者まで。また、年齢層も、出前授業などでは小学生・中学生など、健康乗馬会ではシニア層を対象とし、あらゆる人々が馬と接することの喜びを感じられることを目的とする。

そして……ポニー「なつめ」が到着!
6月中旬、上記プロジェクトの第一歩として、ポニーを購入いたしました。昨年生まれの男の子。名前は、若手人材育成対象となった若者たちによって「なつめ」と命名されました。
今後、基礎調教を経て、秋頃には、ふれあい事業や出前授業などでデビューできることと思います。

 

10月6~8日 東京競馬場ばんえい十勝フェア協力

東京競馬場の秋の恒例イベントとなった「ばんえい十勝フェア」の実施に際して、当会も「ばんえいグッズ」販売などの部門で協力いたしました。

当会主催から帯広市主催に移行して今年で3年目の同フェアですが、従前と変わらず当会も運営には全面的に協力。ばんえい競走馬の大きな蹄鉄を提供するなど、グッズ販売でも、ばんえいを体感していただくよう努めました。

パドック横の「ばんえいPRブース」(入場門歩道橋より撮影)

PRブースには、実物大の「ばん馬バルーン」も設置されました

お昼休みには、矢野吉彦さん、荘司典子さん、目黒貴子さんによる「ばんえいトークショー」が開かれました

トークショーでは、馬場中央に据えられた超大型ターフビジョンに、ばんえいの画像が!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6月11日 帯広市立南町中学校で出前授業

一昨年から南町中学校の1年生が郷土学習として取り組んでいる「ばんえい競馬学習」。その一環として、当会・旋丸専務理事が馬の授業をしてまいりました。テーマは「帯広の開拓と馬の歴史」ということで、明治16年に依田勉三が帯広に入植して以降の、人と馬の暮らしについて1時間の講義を行いましたが、1学年230名という大人数にも関わらず、私語は皆無。全員が真剣に馬の学習に取り組んでくれる姿は感動的でした。

後日、この講義を受けた1年生全員から感謝のお手紙をいただきましたが、そこにも、講義で話した、ばんえい競馬と馬文化に関する内容がびっしりと書かれていて、再び胸を熱くしました。機会を捉えて、これらのお手紙も、皆様にご紹介していきたいと考えています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

11月9日 十勝当歳馬展示会協賛

十勝管内における輓系馬の改良と生産意欲を向上させるため優良な当歳馬を展示する同展示会ですが、当会も生産者支援の一助となれば、と、今年も参加賞を提供いたしました。

今年は、30頭近くの駿馬が揃い賑やかな展示会となりましたが、インフィニティーやカネサブラックなど、新生ばんえい活躍馬たちの産駒も多く、一般のファンにも興味深い展示会となりました。この馬たちの中から未来のスターホースが生まれることを期待しつつ、参加賞を全馬の生産者に贈呈いたしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
カゲホウトウ(柏林賞勝馬)の姪(父キタノドリーマー) 引き手は長澤幸太騎手