腰が抜けるほど楽しい交流会!

報告をサボッてばかりいる旋丸です。
9月上旬は様々なイベントに出店し、大車輪の当会。そのひとつひとつについて、ご報告すべきなのですが、順を追っていると、どんどん報告が遅れるので、思い切って一っ飛び。
18日の交流会のご報告をしちゃいます。

だって、交流会、腰が抜けるほど楽しかったんだもーん。

今年は、2ヶ月前に会員各位に交流会のご案内を差し上げたこともあり、首都圏からも10名もの会員さんが参加。騎手さんも大半の方が参加してくださったため、50名を超える賑やかな会となりました。

5時過ぎから帯広競馬場ふれあい広場に三々五々集まり始めた参加者の面々。最初は言葉数も少なく、静かに飲み始めたのですが……
6時、騎手会長・藤本匠騎手からの挨拶が終わると、騎手さんたちの明るい声が炸裂しはじめ、その熱気が会場全体に伝染。開会後僅か15分で、すっかり打ち解けた空気になってしまったのですから、さすがは、ラフで楽しい「ばんえい競馬」。

焼肉を囲んで、しばし歓談の後は、9月生まれの騎手さん(船山蔵人、長澤幸太)と、会員さん2名、計4名に、スタッフからバースデーケーキのプレゼント。
安部憲二騎手がワイルドなお声で、貝羽智生騎手がボーイソプラノ(?)で、パッピーバースデーの歌を歌っては、やんややんやの大喝采を浴びておりました。

夜がふけると共に、ますますヒートアップする交流会。
藤野騎手が個性的な帽子で会場に乱入するなど、楽しいハプニングも相次いだのですが、なんと言っても、交流会の佳境は、お待ちかねの「お楽しみ抽選会」。
藤本騎手会長提供の「1000勝記念クリスタル灰皿」や西弘美騎手提供のライト付きアポロキャップ(勿論サイン入り)などなど。
お気に入りの騎手さんのサイン入りグッズが登場すると
「きゃ~、それ欲しい!」と絹を引き裂くような女性の悲鳴まであがるほど。

ことほどさように熱狂した交流会。
今年は、林理事が「鍋を囲んだ冬の交流会もしたいなぁ」などと、密かに年度内2回目の交流会をもくろんでいる様子なので、今回参加できなかった皆々様も、次回は、是非、ご参加ください。
きっと、あなたにも、腰を抜かすほど楽しんでいただけるはずですから。

協賛レースのお知らせ

昨夜の騎手交流会は、一般参加者約20名、騎手・厩務員・調教師の方々が30人ほど(入れ替わり立ち代り…)の大勢で行われ、大変盛り上がりました。ありがとうございました!詳しくはまたブログにて紹介いたします。
朝は5時から、調教見学会が行われました。普段見ることの出来ない馬たちの練習風景に、皆さんがばんえいの新しい魅力を発見していたようでした。また、ちょうどフクイズミやトモエパワーなどの名馬の調教も見ることが出来ました。

さて、本日4Rで「支える会 騎手交流会記念」協賛レースを行います。
本日3時から行われる、交流会参加者限定バックヤードツアーが終わった頃の4時発走です。
ご注目ください。
2009年9月19日 (土) 帯 広 第4競走
支える会 騎手交流会記念 2歳 A-6

枠 馬 馬名 重量 騎手
1 1 ハクテンリュウ   490  松本秀
2 2 シマズステイ    510  長澤幸
3 3 ドウナンカチドキ  510  大河和
4 4 プリンセスラブ   490  細川弘
5 5 ホクトキッス    490  大口泰
6 6 シンエイジョージ  510  西弘美
7 7 ドーラファイヤー  510  安部憲
7 8 ダイヤミラクル   490 △竹ケ茉
8 9 シンエイミドリ   490  浅田達
8 10 ワタシハキレイデス 490  阿部武

Aiba登別室蘭に行ってきました

8月23日(日)、Aiba登別室蘭のオープンにあわせて、ばんえいイベントが行われました。
リッキーハウスも出店してきました。
nm5.jpg
近くにはアミューズメント施設やスーパー、ホームセンターなどが集まっていて便利な場所です。

広々とした場内。とってもきれい。
nm7.jpg
nm6.jpg

ここの名物?は、競馬コーステーブル!!
ホッカイドウ競馬の行われている門別と札幌、南関東4場の6種類のコースがプリントされています。このために楕円形のテーブルを探したそうです。
ばんえいの直線も欲しい!
nm4.jpg
nm3.jpg

この日はJRA札幌競馬場では札幌記念が行われ、大いに盛り上がりました。その後、札幌から会場に駆けつけた古谷剛彦さんと当会理事の古林英一先生です。
古谷さんは着いてすぐに当てていましたよ!
nm2.jpg

リッキーハウスのグッズも販売しました。たくさん買っていただきました!
nm1.jpg

現在盛り上がっている?室蘭。競馬も盛り上がってほしいですね!
                          (斎藤)

釧路大漁どんぱくまつりに行ってきました

9月5・6日は釧路大漁どんぱくまつりとハロンズ釧路場外発売所にて、ばんえい十勝の販売促進イベントが行われ、リッキーハウスも出張してきました。
kushiro1.jpg

当日はいい天気!こんな感じで販売してきました。
kushiro3.jpg
kushiro2.jpg

内側から見た図。
kushiro4.jpg

花火もあがっていましたよ。
kushiro5.jpg

今後も、リッキーハウスは各地に出張する予定です。ばんえい十勝のイベントにあわせることが多いと思いますので、楽しみに待っていてくださいね。

ばんえい十勝inスパーキングナイター報告

9月6日(日)、川崎競馬場にばんばがやってくる! ということで、「ばんえい十勝inスパーキングナイター」に行って参りました。

17時過ぎに競馬場に到着。川崎の馬券もやりつつ、ばんえいのイベントにいろいろ参加してきました。
まずは我らが矢野理事とグリーンチャンネルでおなじみのタレント立花優美さん、中山・林両騎手のトークショー。
kawasaki3.jpg

やっぱり、林騎手のギネス級!? の身長には、どよめきが起きますね(笑)。先日のJRAジョッキーデーで、JRA中館騎手と、林騎手が並んだときの話で、「こーんなですよ!」としゃがんで見せる矢野理事。まぁ、中館騎手は152cm、林騎手は191cmですからね…。

矢野理事にばんえい競馬の難しさを聞かれた林騎手、つい「障害できざんでいかないといけないんですけど…」と専門用語を使ったところ、矢野理事が「今、『きざむ』という言葉が出ましたが、ばんえい特有の言葉なんで説明していただけますか、中山騎手」と話を降り、中山騎手はさすがにベテランらしく、「障害に向かうときには、馬を何度か止めて、力をためてやらないと越えられないんですけど、それをきざむと言います。馬場が軽いときなんかは止めなくてもすーっと行けちゃうこともありますけど、だいたいは止めてやらないと越えられないです」と説明。中山騎手は頼れるお兄ちゃんという感じですね。
トークショーが終了してからも、中山騎手と林騎手はずーっとサインに応じていました。

川崎の平地レースを挟んで、矢野理事の実況? いや解説? いや応援? をバックに、中山・林両騎手によるデモ走行(馬はトカチダケとシクノへプリンス)。川崎競馬場のコースをそのまま使用したため、障害がなかったのが残念ですが、両機種は観客に見せるためか、2頭ともけっこう何度も「きざんで(止まって力をためること)」ました。

kawasaki1.jpg
kawasaki5.jpg

その後、矢野理事と立花優美さんの銀河賞予想をからめた予想トーク。の、後ろで、我らが斉藤修顧問が、普通に予想紙を配っていました。この手作り感がばんえいらしい、というところですね。

銀河賞発走の前に、内馬場でばんばとふれあえるというのでそちらに向かいました。
ミルキーが来ているというので、鼻先くらい触らせてもらえるかな、と思いきや、なんとばんばにまたがって撮影OKというではないですか! もちろん、子どもに混じって列に並びました。

ミルキーとシクノヘプリンスがいたのですが、わたしはシクノヘプリンスに乗せてもらいました。
わたしは9年ほど乗馬をやっているのですが、ふだんはサラブレッドに乗っているので、ばんばにまたがるのは初めて。

ばんばの背中って、こんなにあったかくって、やわらかいんだ!
サラでも裸馬に乗ったことはありますが、それに比べたら安定感があるし、やわらかい座り心地でした。
写真を撮ってもらおうとしたら、ちょうど銀河賞発走。みんなビジョンに意識が向いてしまったので降りるに降りられず、図らずも馬上からの観戦となりました。だいぶゼイタクだったかも…。

ふだん、川崎競馬で馬券を楽しんでいるらしいおじさんたちも、中山騎手と林騎手に「応援すっからよ!」「オマエ、いつか武豊越えるぞ!」なんて声をかけていて、ほほえましくも楽しめた1日でした。

                  (会員のKYOKOさんにレポートをお願いしました)
この日トークショーに参加された立花優美さんがブログで報告されています。
http://ameblo.jp/yumi-tachibana/entry-10338062039.html

※次回、関東には9月23日馬事公苑に行く予定です。決まりましたらブログでご案内いたします。