JRA馬事公苑「愛馬の日」レポート

9月23日(水・祝)、東京世田谷のJRA馬事公苑で「愛馬の日」のイベントが行われました。
ふだんは馬術競技が行われる場所ですが、毎年勤労感謝の日には「愛馬の日」として、供覧(馬の演技)やポニー競馬のほか、全国の伝統馬事芸能が披露される一大イベントが行われます。ばんえい競馬は、伝統馬事芸能の1つとして、2年に1回エキシビジョンを披露することになっているのです。

今年のばんえい十勝ブースは、メインアリーナ前という絶好の立地。ここで、馬といっしょに馬運車で運んできたじゃがいもと玉ねぎを売り、ばんえいのPRをします。十勝平野に行くと、畑にどーんと作物の入ったコンテナが置いてあるのを見かけますが、それがそのまま世田谷にあると、やっぱりインパクトありますよね~。
そのじゃがいもや玉ねぎを、レジ袋にこれでもか! と詰めたものを500円で、ゆでたじゃがいも2個にバターを乗せたほっくほくの「じゃがバタ」を100円で、と、このご時世に安い値段で売るとあって、地元の主婦の方はエコバックまで準備して買いに来ていました。

このじゃがいもを率先してゆでていたのは鈴木邦哉調教師。小林長吉調教師がじゃがいもを袋詰めしたり、大橋調教師夫妻が販売をしたりとファンサービスに努めていました。お手伝いした我々も、手を真っ黒にしながらじゃがいもや玉ねぎと格闘していたのですが、そうするうちにメインアリーナでは、ばんえいのエキシビジョンイベントが開始。
販売があるためブースを離れるわけにもいかず、背伸びしてアリーナのほうを見ると、人だかりの向こうに、馬にまたがった山本騎手の姿が見えました。おそらく、山本騎手と安部騎手がパドックのように馬にまたがって1周し、そりをつけて、アリーナに作られた障害を越えてみせるパフォーマンスを見せたようです。馬はシクノヘプリンスとトカチオーザですね、たぶん。
(ちなみにこの障害、その後子どもたちが砂山として遊んでいましたので、写真はそのときのもの。パフォーマンスのときの写真が撮れずにすみません。)
MA330138.JPG

その後、山本騎手、安部騎手もいっしょになってブースで販売をしたり、呼び込みをしたりしていたんですが、両騎手にとってはもう1つ、大きなイベントがありました。
今年の「愛馬の日」イベントが天皇陛下のご在位20年慶祝行事として行われたこともあり、天皇・皇后両陛下が来臨されていたのですが、ばんえい代表として天皇陛下からお言葉をいただくことになっていたのです。
これもわたしは見られなかったんですが、後で聞くところによると、山本騎手と安部騎手が天皇陛下が歩かれるグリーンカーペットの脇に控えていて、おつきの方がばんえい代表として山本騎手を紹介すると、天皇陛下は「そうですか、ばんえい競馬はテレビで見たことがあります」とおっしゃったそうです。
若いころは乗馬をたしなまれ、馬好きでおられるという天皇陛下ですから、ばんえいにも興味をおもちだったんですね。
山本騎手はというと、カッチンコッチンでお返事したそうですが(笑)。

それから、1日数回、ミルキーとシクノヘプリンスにまたがれる「ふれあいコーナー」も開催。子どもばかりでなく大人もOKとあって、じゃがバタの列にも負けない長蛇の列ができていました。
MA330137.JPG

なお、ばんえいブースでは、「リッキーハウス」「ばんばショップ」で扱っているばんえいグッズの販売もしました。ばんえいキティ、大人気だったそうですよ。
この日はとても暑い日で、調教師さん方、騎手さん方、そして馬たち、とても大変だったと思いますが、とても楽しいイベントになりました。
MA330139.JPG
                                      (KYOKO)

ばんばショップ1周年セール!

当会のネットショップ「ばんばショップ」も、お陰様を持ちまして、開店1周年を迎えることが出来ました。
この1年間のご愛顧に感謝して、3000円以上お買い上げの方に、斎藤友香さんのポストカード4枚セット(400円相当)をプレゼントします。
この秋、STOP&GOの新バージョン・キャップや開運グッズ、ばんばグラスのミニタイプなど、新商品を取り揃えた「ばんばショップ」。この機会に、是非、お気に入りのばんばグッズをゲットしてください。

10月4日 札幌刑務所にてばんばグラス等の販売

10月4日(日)、札幌刑務所に我がとかち馬文化を支える会札幌支部の面々が現れます。
と言っても、決して彼らが悪いことをした訳ではなく、ここで行われる「北海道矯正展」に、とかち馬文化を支える会のPRブースを出店するから、なのです。
矯正展というのは、刑務所で服役する人たちが作った作品などを展示・販売する催し。
当会も帯広刑務所とのコラボで「ばんばグラス」を製作、販売している関係で、今回の出店となりました。ばんばグラスの他、当会のオリジナル商品や、ばんばグッズなども販売する予定なので、札幌近辺にお住まいの方は、是非、おいで下さい。
また、会員の方で当日お手伝いが可能な方がいらっしゃいましたら、スタッフに声をかけてください。

第24回北海道矯正展
【日時】10月4日(日)9時から15時
【場所】札幌刑務所前特設会場(札幌市東区東苗穂2条1丁目5-1)
46620272_38.jpg

「チャグチャグ馬コ in 帯広競馬場」について

懸案の「チャグチャグ馬コ in 帯広競馬場」の実施が決定いたしました。
スケジュールは
 10月10日~18日 帯広競馬場南側展示場にて「チャグチャグ馬コ」バネル展
 18日 チャグチャグ馬コ・パレード

パレードするのは、リッキー、ミルキー、それにポニー2頭の予定。
つまり、競馬場の馬達ですが、ただし、衣装は本場・岩手からお借りする正真正銘の本物。
本来なら到底、借りられない豪華絢爛の馬の衣装ですが、今回は、「ばんえい応援」のために特別に地元の方が持って来て下さる事になりました。

ということで、18日には、きらびやかなチャグチャグ馬コパレードを繰り広げる予定ですが……

そこで、唐突ですが、皆々様にお願いです。
前述のように、10日からは、チャグチャグ馬コに関する写真や資料などを展示いたします。
つきましては、皆様のお手元にあるチャグチャグ馬コの写真・資料などで、当会に寄付しても良いものがありましたら、パネル展に展示したいと思いますので、是非、ご協力のほど、お願い申し上げます。

全員参加をキャッチフレーズに蘇った「ばんえい競馬」。イベントも、みんなの手で成功させたいと思いますので、何卒、宜しくお願い申し上げます。  (旋丸)

腰が抜けるほど楽しい交流会!

報告をサボッてばかりいる旋丸です。
9月上旬は様々なイベントに出店し、大車輪の当会。そのひとつひとつについて、ご報告すべきなのですが、順を追っていると、どんどん報告が遅れるので、思い切って一っ飛び。
18日の交流会のご報告をしちゃいます。

だって、交流会、腰が抜けるほど楽しかったんだもーん。

今年は、2ヶ月前に会員各位に交流会のご案内を差し上げたこともあり、首都圏からも10名もの会員さんが参加。騎手さんも大半の方が参加してくださったため、50名を超える賑やかな会となりました。

5時過ぎから帯広競馬場ふれあい広場に三々五々集まり始めた参加者の面々。最初は言葉数も少なく、静かに飲み始めたのですが……
6時、騎手会長・藤本匠騎手からの挨拶が終わると、騎手さんたちの明るい声が炸裂しはじめ、その熱気が会場全体に伝染。開会後僅か15分で、すっかり打ち解けた空気になってしまったのですから、さすがは、ラフで楽しい「ばんえい競馬」。

焼肉を囲んで、しばし歓談の後は、9月生まれの騎手さん(船山蔵人、長澤幸太)と、会員さん2名、計4名に、スタッフからバースデーケーキのプレゼント。
安部憲二騎手がワイルドなお声で、貝羽智生騎手がボーイソプラノ(?)で、パッピーバースデーの歌を歌っては、やんややんやの大喝采を浴びておりました。

夜がふけると共に、ますますヒートアップする交流会。
藤野騎手が個性的な帽子で会場に乱入するなど、楽しいハプニングも相次いだのですが、なんと言っても、交流会の佳境は、お待ちかねの「お楽しみ抽選会」。
藤本騎手会長提供の「1000勝記念クリスタル灰皿」や西弘美騎手提供のライト付きアポロキャップ(勿論サイン入り)などなど。
お気に入りの騎手さんのサイン入りグッズが登場すると
「きゃ~、それ欲しい!」と絹を引き裂くような女性の悲鳴まであがるほど。

ことほどさように熱狂した交流会。
今年は、林理事が「鍋を囲んだ冬の交流会もしたいなぁ」などと、密かに年度内2回目の交流会をもくろんでいる様子なので、今回参加できなかった皆々様も、次回は、是非、ご参加ください。
きっと、あなたにも、腰を抜かすほど楽しんでいただけるはずですから。