口蹄疫対策の募金を

連日の報道でご案内の通り、宮崎県で口蹄疫が猛威をふるっています。
幸い、この病気は馬には感染しませんが、しかし、同じ動物を介して生きる仲間として、この状況に微力でも何か出来ることをしたいと思います。

まずは、会員さんから届けられたメッセージを下に貼り付けましたので、皆々様から募金などご協力賜れば幸いです。(旋丸)

※ここからは義援金と支援物資のタオルのお願いです。宮崎県では県の財政が底をつきました。宮崎県へのふるさと納税と言う形でもご協力頂けますが、川南町や畜産農家で、全国各地の方々からの善意の支援を寄せて頂く為の口座が開設され始めました。また消毒等に使われるタオルも不足しています。
以下を参考に皆さんのご協力、転載、声掛けを宜しくお願い致します。

◆川南町役場より
(http://www.town.kawaminami.miyazaki.jp
川南町役場のホームページです。ご参照下さい)

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南 13680-1

TEL 0983-27-8001
FAX 0983-27-5879

総会出欠はがきのご提出を!

 平成21年度総会も、いよいよ今週末23日と迫ってまいりましたが、出欠はがきを提出をされていない会員様がいらっしゃいます。
 出席者と委任状提出者が規定に満たない場合、総会が開催できませんので、お手数ではございますが、先日、ご送付申し上げました出欠はがきに必要事項をお書き入れの上、投函の程、お願い申し上げます。また、ファックスでも受け付けておりますので、投函がご面倒な場合は、はがきをそのまま0155-67-6891宛送信いただいても結構です。
 誠にお手数ではございますが、何卒、ご協力の程、お願い申し上げます。

※ご欠席の場合、委任状には、総会に出席される会員様の氏名、或いは「理事長」「議長」などとご記入の上、ご提出ください。

ばんば切り絵のれんのあるお店

谷調教師が描いた切り絵を意匠した「ばんば切り絵のれん」。
発売と同時に初版50枚が売り切れるほどの大ヒットの当のれんですが、こののれんをお店の「顔」として使ってくださっているラーメン屋さんか……。
その名も「どでからーめん」。
ご主人が大の「馬好き」、「ばんえい競馬ファン」ということで、発売を聞きつけて4枚購入。お店の入口にとどーんと使ってくださっています。

お礼も兼ねて、早速、谷調教師と来訪。
名前の通り、大盛りラーメンが有名なお店ですが、タンタン麺の美味しさでも定評あり。
谷調教師は梅入りのタンタン麺を食して、「うめ~!」と感嘆。

帰りには、谷調教師を入れた証拠写真も撮って来ました。

どでかいラーメンのお店に、どでかいお馬の暖簾。なかなかマッチしていると思うのですが、いかが?

どでからーめん
住所:帯広市西12条北7丁目
TEL:0155-34-1317
営業時間:11:00~21:30
定休日:火曜日
席数:48席
駐車場:15台
2009_121210年05月8日0003.JPG
2009_121210年05月8日0006.JPG

ばんえいフォーラム開催

お知らせしておりました「2010ばんえいフォーラム」を3月22日(祝・月)を帯広市とかちプラザで開催いたしました。
「ばんえい競馬は本当に必要か」という、ショッキングなサブタイトルを付けましたが、帯広市民のみならず、十勝の人々、ひいては北海道全体の人々に、ばんえい競馬の存在意義について真剣に検討していただこうと、勇気をもって開催いたしました。

第一部では、以下の二講演が行われました。

 一、耕野拓一・帯広畜産大学准教授が「ばんえい競馬開催による十勝経済への波及効果」と題し、ばんえい競馬を経済学的見地から分析、その結果、経済波及効果が65音円以上あることをご報告いただきました。また、それらの経済効果が他の事象に比べても多大であることなどが説明されました。
                   
2009_102910年03月26日0008 (2).JPG

 二、競馬評論家の須田鷹雄氏からは「内地から見た十勝とばんえい競馬」と題して、東京を始めとした道外から見た「ばんえい競馬」魅力と、同競馬の更なる可能性についてお話いただきました。「3名でふるさと納税を呼びかけただけで1500万円が集まったように、ばんえい競馬が持つポテンシャルは非常に高い」など、説得力ある話に、聴衆は聞き入っていました。

2009_102910年03月26日0014 (2).JPG

第二部では、各界の有識者などをお招きしたパネルディスカッションを行いましたが、この場では、会場の参加者からも意見をお伺いし、討論いたしました。
 ばんえい競馬については、一部、「帯広市民だけが、ばんえい競馬の赤字を背負うべきではない」「調教師や生産者など多大な犠牲を払っているばんえいは廃止されるべき」など、ばんえ競馬開催にに否定的な意見も出されましたが、「北海道の貴重な馬文化を次世代に伝えるべき」「帯広市にとって大きな産業であるばんえい競馬を潰すと、その被害はじん帯である」などの意見も出されました。また、生産者からは「我々馬関係者は、経済的に苦しくても、誇りと喜びをもって生産を続けている。ばんえい競馬を更に有効に活用するよう前向きに検討して欲しい」などの意見が出されました。

 予定時間を大幅に超過するほど白熱した討論会となりましたが、勿論、これだけの時間で結論の出るはずもありません。今後とも、ばんえい競馬が存続するために、いかなる手法が有用化、などについて、多くの方々と語り合う場を設けていきたいと思いますので、皆々様、何卒、宜しくご支援の程、お願い申し上げます。(旋丸)
2009_102910年03月26日0019 (2).JPG

2010ばんえいフォーラムの開催について

とかち馬文化を支える会・専務理事の旋丸です。

帯広では、ごく少数ながら「ばんえい競馬なんか廃止してしまえ」という人がいます。圧倒的多数は「ばんえい、あった方がいいんじゃない」という人たちだと私は認識していますが、廃止論者が大声で叫び、それをマスコミが取上げると、あたかも「ばんえい廃止の声が高まっている」ように見えてしまいます。

という訳で、NPOとかち馬文化を支える会では、本当の市民の声を聞くために、「ばんえい競馬は本当に必要か」と題してフォーラムを実施いたします。
貴重な馬文化であり、とかち馬文化を支える会の大きな産業であり、また、素晴しい観光資源である「ばんえい競馬」を、更に発展させ、地域に活用するために、皆さん、是非、会場にいらして、ばんえい存続の意志表明をして下さい。会場で拍手するだけでも、存続への大きな力になります。
お友達など、お誘い併せの上、22日、競馬場の帰りに、是非!!
forum.jpg

講演
(1)ばんえい競馬開催による十勝経済への波及効果(地域経済への効果)
耕野拓一(帯広畜産大学准教授)
(2)ばんえい十勝の可能性について
須田鷹雄(競馬評論家)

-休憩15分-

パネルディスカッション・フリートーク
高橋正夫(十勝町村会会長・本別町長)
秋元和夫(帯広信用金庫 地域経済振興部 執行役員部長)
大江史晃(未来の帯広競馬場デザインコンクール大賞受賞者)
古林英一(北海学園大学教授)
観光関係者 市民オンブズマンの会 ほか

2010年3月22日(月)18時30分~21時
とかちプラザ レインボーホール
(帯広市西4条南13丁目1番地 電話(代)0155-22-7890)