札幌支部交流会・Aiba石狩イベント

すっかり報告が遅れてしまいましたが……。ばんえいダービー当日の12月27日,石狩市のAiba石狩において「ばんえい十勝場立ち予想会」が行われ,当会の古林理事と高野監事がレース予想を披露しました。また,Aiba石狩を運営するサテライト石狩さんが主催でばんえい十勝の馬券購入者を対象にした抽選会が催され,札幌の会員有志がそのお手伝いを務めました。
抽選会は大変好評で,メインレースを待たずに用意された大量の景品が無くなるほどの大盛況,また場立ち予想イベントも(予想の当たり外れはともかく)和やかな雰囲気で行われました。
20091227-1452-06.jpg
20091227-1453-07.jpg

 Aiba石狩でのイベント終了後には札幌市内に場所を移して忘年会を兼ねた顔合わせ会。スペシャルゲストを含めて総勢11名,馬談議やばんえい談議に花を咲かせました。

 なお,今回の顔合わせ会ですが,会員の皆様へのご案内が遅れたことや年内最後の日曜日ということもあり,参加したくてもできなかったという方もいらっしゃったようで,ご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ありませんでした。札幌支部として,会員同士で顔合わせをする機会をこれからどんどん増やしていきたいと思いますので,その節には会員の皆様のご参加をお待ちいたしております。
 また,Aiba石狩でのばんえい十勝場立ち予想会ですが,次回は1月24日に開催する予定です。これからもだいたい月に1度ぐらいのペースで予想会を行っていく予定ですので,皆様お誘いあわせの上,Aiba石狩に遊びにいらしていただければ幸いです。(高野)

札幌支部サイト

1月2日川崎競馬場イベント・東京支部交流会

あけましておめでとうございます。とかち馬文化を支える会東京支部のKYOKOです。
1月2日は帯広記念で、本場ではさまざまなイベントが行われたようですが、みなさん楽しまれましたか?
この日、帯広記念の馬券は全国発売されており、川崎競馬場ではそれを記念して「帯広記念deお正月」というイベントが開催されました。
イベントのひとつとして、当会からも出店。わたしと相方がグッズ販売を務めさせていただきました。

kawasaki20100102_1.jpg
▲設置を終え、お客様を待つばかりのグッズ販売所。

9時から設営して、10時~17時半までのグッズ販売でしたが、開場直後はぽちぽちとボールペンが売れる程度(マークカードの記入用でしょう)。
でもだんだん入場者が増えてくると、DVD持ち込みで放映していたばんえいのレース映像に見入る人も増えてきました。とくに、年配のおじちゃんたちが楽しそうにレースを見ていて、相方が「ソリの後端がゴールなんですよ」などと説明すると、「そうなんかい!?」とびっくりして、興味をもって見てくれていたそうです。
午後には福袋が完売、関東のイベントではこの日が初お目見えとなっていたフクイズミクリアファイルも大人気でした。やはり、この日のレースに出走するというのは大きかったですね。

12時からは、ばんえいの馬券を1000円以上買ってくれた方を対象に、抽選で十勝の名産品やばんえいグッズが当たる抽選会。抽選開始と同時に、長蛇の列ができていました。ということは、みなさん馬券を買ってくださったんですね。
後日、OPBMの担当の方からご報告をいただきましたが、この日の川崎でのばんえい馬券売上は、昨対を上回ったとのこと。こうやって、関東でもばんえいを楽しむ方が増えてくれたらいいなあと思います。

kawasaki20100102_2.jpg
▲12時から始まった抽選会に、長蛇の列!

この日のイベントの目玉は、当会理事の矢野さんと、グリーンチャンネルなどでおなじみの“コジトモ”こと小島友実さんのトークショーでした。お2人は、2回にわたってばんえい競馬のみどころ、帯広記念の予想を披露。
わたしたちも、販売所から「これからトークショーありますよ!」と声がけをしたり、予想紙を配ったりとお手伝いをしましたが、当会顧問の斉藤修さんのほか、須田鷹雄さん、古谷剛彦さん、山崎エリカさんといった、競馬ファンにはおなじみの顔が続々とあらわれ、予想紙を配布してくださいました。
とくに仕事ということではなく、手弁当で集まられたみたいですね。

kawasaki20100102_3.jpg
▲矢野理事、小島さんのトークに聞き入る人々。

イベント終了後は、会報7号でも告知させていただいたように、東京支部の顔合わせ会を行いました。
矢野吉彦理事、斎藤修顧問を始めとした会員さん達に、飛び入り参加の山崎エリカさんも加わって、総勢11名の飲み会となりました。
ほとんどの方が初対面だったにもかかわらず、これだけ集まったのは、みなさんの「ばんえいを応援したい!」という気持ちが強いからですね。
こういった交流は、今後もぜひ続けていきたいと思います。関東在住で、今回参加できなかった方も、次の機会にはぜひご参加ください!
(KYOKO)

馬と遊ぼう! クリスマス! 写真

12月19日・20日には「馬と遊ぼう! クリスマス!」が開催されました。
当会の主催事業を、まずは写真で紹介します。

リッキーもクリスマスおしゃれ。
20091220-1211-49.jpg

馬クイズも行われました。
20091220-1234-72.jpg
20091220-1229-65.jpg
20091220-1230-70.jpg

この日はみんなクリスマスの格好をしていましたよ。着ぐるみリッキーも。
20091220-1520-88.jpg

1月2日は帯広記念です。ポスターかっこいい!
20091220-1229-67.jpg

ポニーで馬の出前授業

 帯広競馬場にほど近い帯広市啓西小学校では、今年、4年生が総合学習のテーマとして「馬」を取り上げています。当会でも、そんな総合学習のお手伝いをしていますが、第1回目の「馬の牧場での見学」、第2回目の「座学&リッキーとのふれあい」に続き、今週・水曜日・11月25日には、第3回目の馬の授業を行いました。
 今回は、調教の達人として有名な持田裕之さんと愛馬ミニィーちゃん(ポニー、牝、7歳)が啓西小学校を訪問。50分にわたって、楽しいお話を披露してくださいました。
 まずは、馬の体の特徴から。前回の授業で習った馬の体の仕組みから、更に精しい話になって、みんな、ちょっぴり緊張気味……と思ったのもつかの間。ミニィーちゃんの体を見ながらの持田さんの巧みなお話に、4年生80名が熱心に聞き入ります。
 その後の質問タイムでも、「馬は夢を見ますか?」「馬はけんかをしますか?」などユニークが質問が、ぽんぽんと飛び出し、全員、のりのり。
 そして、最後は、お待ちかね、ミニィーちゃんのショータイム。
 色々な走り方を見せてくれたり、小さなバーを飛び越したり、ついでに、寝転んだ人の上をジャンプまでしてみせてくれたのですから、拍手喝采。
 その他、持田さんの指示に従って、寝転んだりと、持田さんと呼吸の合った姿に、子ども達も大満足の、楽しい楽しい授業となりました。

 啓西小学校での今年度の総合学習は、これで終了しましたが、今年度は森の里小学校や他町村での授業を計画中。次年度以降の活動にも繋げていこうと、企画中ですので、どうぞ、皆様、ご支援の程、お願い申し上げます。

第2回馬事知識普及公開セミナー(写真)

前回ご報告した第2回馬学セミナーの写真を掲載いたします。
まずは、えこりん村で馬車やトラクターをひいているフランスのドラフトホース(輓馬)=コントア種。
2009_061509年11月8日0024 (2).JPG

前進する力は馬、後に繋いだ機会の駆動力はエンジンという、不思議な農機具「ホーストラクター」
2009_061509年11月8日0039 (2).JPG

えこりん村の牧場には、その他にもフリージアンや
2009_061509年11月8日0067 (2).JPG

アイリッシュ・ドラフトホースなど珍しい馬種が繋養されていました。
2009_061509年11月8日0073 (2).JPG

馬じゃないけど、受講生に大人気だったのが……
2009_061509年11月8日0055 (2).JPG

リャマ。
色んな動物や施設、農機具のある「えこりん村」を見学した楽しいセミナーでした。