第2回馬事知識普及公開セミナー(恵庭)

 ご報告が遅くなりましたが、11月8日、第2回馬事知識普及公開セミナーを行いました。
 昨年から、帯広、札幌、浦河と北海道各地で開催してきた当セミナーですが、今回の開催地は札幌郊外・恵庭市。実馬を使ったプログラムを用意しました。
 まず、午前中は恵庭市民会館にて座学。以下の三つの講演が行われました。
1「農用雌馬の繁殖管理」 三宅陽一(帯広畜産大学教授)
2 「馬の感覚と行動特性」 柏村文郎(帯広畜産大学)
3 「えこりん村における馬の活用」濱塚亮治 (えこりん村)
 いずれも中身が濃く専門的でありながら判りやすく楽しい講演。馬に精通した方から、馬に興味を持ち始めたばかりの方まで、受講した皆さんに喜んでいただける講座となりました。

座学終了後は、バスに乗って市内にある観光施設「えこりん村」に移動。昼食後の最初のプログラムは、場内見学でしたが、この場内見学の「足」が馬車。ということで参加者全員、大喜び。コントアというフランスの農用馬2頭がひく大型馬車に乗り込み、広い園内を一巡。
そうして到着した厩舎で下車。様々な馬車を見学した後は、いよいよ、えこりん村見学のメインイベント「ホーストラクター実演」。
 ホーストラクターとは、前進力は馬で、テッターなどの後ろに取り付ける機械の駆動力はエンジンで、と、分担したエコロジー志向トラクター。2頭引き、テッターを装着してのデモンストレーションでしたが、新時代のトラクターに、参加者一同、興味津々。質問なども活発に飛び出して、意義深い講座となりました。
 そんな見学の最後は、牧場見学。前述コントア種を始め、アイリッシュ・ドラフトホースやフリージアンといった日本では珍しい農用タイプの馬が飼育されている牧場で、馬を満喫。馬品種マニアの旋丸にとっては至福の見学となりました。
 以上、充実の内容に参加者全員大満足のセミナーとなりましたが、惜しむらくは、今回のセミナーについて広報がうまく行かなかったため、参加者が少なかったこと。
 次回以降の馬学セミナーでは告知を徹底したいと思いますので、皆様、ふるってご参加下さいますよう、お願い申し上げます。     (旋丸)

門別競馬場にミルキー登場!

ホッカイドウ競馬が行われている門別競馬場で11月3日、『馬の文化祭』が行われ、ミルキーが遠征してきます。
この日はミルキーと子どもの交流会&親子綱引き大会が行われます(スタンド前広場/12:00~12:45)。
北海道にある2つの競馬、ばんえいと道営。コラボイベントは今回がはじめてではないかと思います。今後も2つの競馬が協力して、北海道の馬文化を盛り上げてくれることを願っています。

この日は、競馬場近くの育成牧場で今年生まれた白毛のポニー「小雪ちゃん」も競馬場に登場。ポニーの体験乗馬やホッカイドウ競馬のパネル展、日高女性軽種馬ネットワークによるキッズルーム(絵本の読み聞かせやぬり絵、積み木など子供が遊べるコーナー)も開設するなど、さまざまなイベントが行われています。
名古屋で行われる「ダートの祭典JBC」が行われるこの日、門別競馬場にも足を運んでみて下さいね。(斎藤)

〈追記〉
この日はリッキーハウスも出張します♪
綱引きのばんえいチーム・チームリーダーは林義直騎手(191cm)!!
ホッカイドウ競馬には、日本で一番背の低い騎手、135cmの黒澤愛斗騎手がいますので、日本一(世界一?)背の高い騎手と低い騎手のコラボが見れるかもしれません!!

ホッカイドウ競馬案内ページ

29日、HBC制作「ばんえい」上映会

10月29日(木)に帯広市図書館にて、HBC制作「ばんえい」(1973年にテレビドラマとして放送され、第28回芸術賞最優秀賞に輝いた作品)の上映会があります。午後2時からと午後7時から、それぞれ55分間です。

ストーリー
戦中派サラリーマンの公介が、妻のしお とばんえい競馬を見に行き、坂を越えられずに奮闘するばん馬の「ダイセツ」に、自らの境遇を重ね合わせ、これからの生き方を考えようとする物語です。

脚本/倉本 聡
出演/小林 桂樹(公介)、八千草 薫(しお)、中村 まなぶ、大滝 秀治、中村 たつ ほか

期 日:平成21年10月29日(木)
上映時間:第1回目 午後2時~2時55分
     第2回目 午後7時~7時55分
会 場:帯広市図書館1階 多目的視聴覚室
定 員:80名(事前申込は必要ありません)
主 催/帯広市教育委員会

お問い合わせ
帯広市図書館 ℡/0155-22-4700
帯広市西2条南14丁目3-1

10/24はサテライト石狩ばんえい十勝馬券教室

今週10月24日(土)、石狩市のサテライト石狩(Aiba石狩)にて、ばんえい十勝馬券教室が行われます。
オッズパークの紹介ページ

13:30頃(第5レース終了後)~17:25は、2階特別観覧席前特設コーナーにて、元ホースニュース馬トラックマンの小寺雄司さんと、当会の古林英一理事によるばんえい第5レース以降の展望と予想を行います。
クイズに初心者コーナーもありますよ。

さて、どうしてこのイベントが行われることになったのかといいますと。
サテライト石狩の社長さんは、競輪も競馬も、両方盛り上がって行きましょう!と、とても情熱的な方なんです。
この日は競輪の発売がなくてばんえいだけの発売なので、「何かやりませんか?」と声をかけていただいたのです。
とてもきれいなサテライト石狩に、ぜひお越しください。いつもは札幌のAibaで、という方も、たまに違うところで競馬を楽しんでみるのもよろしいのではないでしょうか。(斎藤)

サテライト石狩のホームページ

【日時】2009年10月24日(土) 10:00~17:25
【場所】サテライト石狩2階特別観覧席
【人数】40名様(先着順)
【費用】無料
【申込・問合せ】事前にお電話またはメールにてサテライト石狩までお願いします。
  TEL:(0133)64-0811
  mail: satellite_ishikari@yahoo.co.jp

2009年10月~11月のイベント

10月~11月のイベント一覧を紹介します。★印は当会主催のイベントです。
掲載以外のイベントをご存知の方はコメント欄にて教えて下さい。多くの方で馬情報を共有したいと思います。
馬コロナウイルスの影響で馬のいる場所への遠征が自粛されていましたが、その後コロナウイルス発症馬が出てこなくなったため退厩自粛が解除されました。

10月10日 船橋競馬場ばん馬イベント
10月10日~19日 チャグチャグ馬コ写真展★
10月18日(日)チャグチャグ馬コin帯広競馬場★
10月24日・25日(土日)全道祭典ばんば 1歳馬決勝大会
10月24日(土)サテライト石狩ばんえい十勝馬券教室
10月25日(日)馬学セミナーin浦河★
10月25日(日)東北馬力大会 六ヶ所会場(大東工業)
10月27日(火)馬市場(釧路)
10月28日(水)馬市場(音更)
10月29日(木)帯広市図書館にて1973年作成テレビドラマ「ばんえい」上映会
10月31・11月1日(土日)とかちばん馬まつり
11月1日(日)東北馬力大会 北津軽郡中泊町(竹内組)
11月3日(火祝)門別競馬場にミルキーが行きます
11月5日(木)当歳馬展示会(音更)
11月8日(日)馬学セミナーinえこりん村
11月8日(日)帯広畜産大学祭にリッキーが行く予定です

10/27~1/30
本別町歴史民族資料館で「ほんべつ馬文化」が行われています。
馬と人とが暮らした頃の写真や、軍馬の資料が展示されています。当時の草競馬の服装もありますよ。