とかち馬文化を支える会BLOG

10月21日 当会設立10周年記念レース協賛

本年で設立から満10年を迎える当会の記念事業としてレース協賛を行いました。この日、実施された全11レースの内、6レース、11レースを除く計9レースを協賛。馬主さん、調教師さん、無騎手さん、厩務員さんに、僅かですが、協賛金を提供いたしました。

また、当日は、当会会員さんにも表彰式に参加していただき、会員参加イベントとしてもお楽しみいただきました。

 

10月20日 当会設立10周年記念リーフレット完成

平成19年に設立した当会も本年で満10年。これを記念してリーフレットを制作いたしました。A5版の小さなものですが、当会の活動や理念を多くの方々に知っていただくために会員の皆様は勿論、馬関係者に送付させていただきました。活動の様子を伝える写真も多く掲載いたしましたし、三宅理事長と佐々木理事との対談では、当会誕生の裏話なども盛り込みました。中でも、注目いただきたいのは、当会オリジナルグッズなどでお馴染みのイラストレーターらんさんが挿絵を描いてくださった「マンガ年表」。当会の誕生から今日までの歩みを、可愛いイラストで紹介してくださいました。

まだ、少し余部もございますので、ご入り用の方は当会までご一報ください。

 

 

10月18日 めむろ子どもセンターで馬とのふれあい体験実施

学童保育施設めむろ子どもセンターで、馬とのふれあい体験を実施いたしました。

放課後、同センターを利用する子供たちは200名以上。その大半が、この体験に参加するため、馬にまたがる時間は取れませんでしたが、それでも、馬車に乗り、その後にニンジンを与えると、他低学年の子も高学年の子も、みんな一様に大喜び。特に、ニンジンやりの後に馬に触れると、「あったかーい」「かわいいー」と、どの子も相好を崩して喜んでくれました。

夕方から、しかも、大人数の忙しい事業でしたが、鈴木調教師と村上騎手がミルキー号と共に奮戦してくださり、無事終了いたしました。

10月14日、15日 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会協賛

本年度も、生産者支援の一環として全道祭典ばんば大会1歳馬決勝大会を協賛いたしました。

全道から選りすぐられた若馬が集う同大会ですが、今回は牡馬5頭、牝馬10頭と頭数も揃い、2日間にわたって熱戦が繰り広げられました。

明日の「ばんえいスター」を目指す1歳馬が帯広競馬場の本コースを力走。騎手もアマチュアの方々とあって、いつもとは違った、厳しさの中にもお祭りの楽しさが漂う決勝大会でした。

10月6日~11月28日 猪又健志展”ばん馬、駆ける。”開催

 首都圏在住のアーティスト猪又健志氏による巨大フォトアートを、ばん馬ギャラリーにて開催いたしました。雪の中を疾走する「ばん馬」の画像を、縦180㎝、横270㎝の特大パネル3枚で表現。迫力ある「ばん馬」の姿は、ギャラリーに来られた方々を圧倒し、魅了していました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA