9月18日~10月22日 ばんえい展開催

今年の馬文化祭りとして、ばんえい競馬のルーツと新生ばんえいを振り返る「ばんえい展」を開催いたしました。

9月18日からは、帯広競馬場スタンド中央にある当会掲示板に、「ばんえい競馬のルーツ」「新生ばんえい競馬を彩った名馬たち」と題した超大型印刷物を掲示。馬耕などの日常労働から、祭典ばん馬へ、そして、公営競技として成長した「馬による牽引文化の歴史」と、新生ばんえい発足以降の「ばんえい記念優勝馬」を紹介しました。なお、掲示板前には、ガラスのショーケースを設置し、ばんえい記念勝馬の蹄鉄や新生ばんえい発足以降の全入場招待券などを展示。来場者の多くが足を止め、感慨深そうに展示物に見入っておられる方も多く見受けられました。

ふれあい動物園内ばん馬ギャラリーでも同じく9月18日からパネル展を開催。こちらでは昭和30年代の写真を中心に、かつての、ばんえい競馬の写真を24点展示。幌なしのトラックに載せられて各競馬場間を行き来していた競走馬の姿や、帯広競馬場の旧スタンドなど、関係者のご厚意で提供していただいた貴重な写真を展示し、講評を博しました。

「ばんえい展」の最後を飾ったのは、10月21日に実施した「ばん馬とのふれあい体験イベント」。当初、馬車運行などで「ばん馬の力強さ」を体感していただく予定でしたが、PR馬たちの体調不良を受けて、ふれあい体験のみの実施といたしました。それでも、入場門でPR馬ハクウンリューと共に待機していると、来場者が次々と訪れ、ハクウンリューの背にまたがったり、ニンジンを与えたりして、馬とのふれあいを存分に楽しんでもらうことができました。

併せて、この日は、ハクウンリューの管理者である鈴木邦哉調教師によるトークショーも実施。馬の体や管理についてお話していただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10月13日 全道祭典ばんば1歳馬決勝大会に協賛金提供

全道の草ばん馬大会を勝ち抜いた1歳馬の精鋭が集まる決勝大会が13日、帯広競馬場本コースを使って実施されました。今年も、全道から選りすぐられた8頭の若駒が出走しましたが、当会も、生産者支援の一環として同大会に協賛金を提供しました。

幼いながらも、懸命に走る1歳馬たち。生産者や馬主が騎乗しているのも、このレースならでは

勝ったのはカネサブラック産駒のヒラリ(母ヒカルチャンス)

 

10月10日 帯広市立啓西小学校で出前授業

もう当会会員の皆様にはお馴染みになった同校での「馬の総合学習」ですが、今年は、天候不順やPR馬の体調不良のため、通常は春に行う出前授業が、秋も深まってからのこの時期にずれ込んでしまいました。

また、キングの体調を鑑みて、この日の馬車運行は取りやめ。騎乗体験と餌やりのみのプログラムとなりました。

とは言っても、教室での1時間の「馬の授業」では、例年の児童と変わらず、楽しく学習。

キングとのふれあい体験も、馬車に乗れない分だけ、じっくりとキングの背に乗っている時間を楽しんだり、触ったり……。服部厩舎スタッフの皆さんのご厚意で、ソリに乗って騎手の気分を味わうなど、存分に、ばん馬とのふれあいを堪能してもらいました。

9月26日 帯広市立啓西小学校で写生会に協力

恒例の啓西小学校4年生の写生会に行って来ました。

今年は、服部調教師をはじめとする服部厩舎のスタッフがキングを連れて啓西小学校に。馬の登場でテンションの上がった子供たちも、いざ画用紙に向かうと、「どうやってかけばいいのかなぁ」「鼻のところが難しい」と悪戦苦闘。それでも間近で馬を観察し、2時限の授業で全員、下書きを完成することができました。
キングも、1時間半以上の長時間、じっと立ち続け、モデルという大役を立派に果たしてくれました。ありがとう!

通りかかった保育所の幼児たちもお馬さんを見学

9月29日、30日 ばん馬まつり協力

帯広競馬場最大のイベントばん馬まつりが、9月29日、30日の二日間にわたって開催され、多くの方々にご来場いただきました。

毎年、このイベントに協力している当会ですが、今年は、実際のばん馬を使って、「馬体講座」を実施。帯広市嘱託職員のリッキー号に登場してもらい、当会専務理事・旋丸が、口や足など、馬の各部の説明を楽しく説明いたしました。

馬の口の説明では、リッキーの管理調教師・服部先生にも手伝ってもらっての解説。「馬には、前歯と奥歯の間に、歯の生えていないところがあるんですよ」という説明と同時に、服部先生が「歯のない部分」に手を入れると、観客からは歓声が。馬の体の不思議を感じてもらうひと時となりました。