9月29日、30日 ばん馬まつり協力

帯広競馬場最大のイベントばん馬まつりが、9月29日、30日の二日間にわたって開催され、多くの方々にご来場いただきました。

毎年、このイベントに協力している当会ですが、今年は、実際のばん馬を使って、「馬体講座」を実施。帯広市嘱託職員のリッキー号に登場してもらい、当会専務理事・旋丸が、口や足など、馬の各部の説明を楽しく説明いたしました。

馬の口の説明では、リッキーの管理調教師・服部先生にも手伝ってもらっての解説。「馬には、前歯と奥歯の間に、歯の生えていないところがあるんですよ」という説明と同時に、服部先生が「歯のない部分」に手を入れると、観客からは歓声が。馬の体の不思議を感じてもらうひと時となりました。

8月19日 愛馬感謝の集い実施

夏の恒例行事となった「愛馬感謝の集い」。今年も、当会会員諸氏、調教師会、騎手会、ばんえい振興室などなど、ファン、厩舎関係者、競馬場関係者が一堂に会し、帯広競馬場内馬頭観音堂で、日頃、懸命に走り続ける馬たちへの感謝の気持ちを新たにいたしました。

今年度は、衆議院議員・石川かおり氏も駆けつけてくださり、ご挨拶いただくなど、例年にも増して華やかな集いとなりました。また、本年度新機軸として、当会会員と騎手の皆さんで集合写真を撮影。開催日でもあり、騎手との会話は禁止とさせていただきましたが、普段着のままの騎手たちとの撮影に、会員各位も笑顔に。馬たちへの感謝は勿論ですが、開催直前の多忙な時間に撮影に協力してくださった騎手会の面々にも感謝しつつ、本年度の愛馬感謝の集いも無事終了いたしました。

石川かおり衆議院議員からご挨拶をいただきました。
愛馬への感謝を込めてお参り
騎手会の皆さんと記念撮影

 

7月28日 馬との接し方教室開催

例年、当会では馬学セミナーと題して、様々なセミナーを開催して来ましたが、本年度は、全国乗馬倶楽部振興協会主催・とかち馬文化を支える会共催という形をとってセミナーを開催いたしました。

タイトル「馬との接し方教室」の通り、一般の方々が安全に楽しく馬と触れ合えるよう、藤田知己氏(株式会社陸奥駿舎舎長)と千葉祥一氏(遠野馬の里場長代理)のお二方を講師にお招きして、以下のような内容で実施いたしました。

第一部 「初心者への安全指導について」(指導者向け)  講師・藤田知己氏

第二部 「馬との安全な接し方(実馬を使った実習)」(初心者+指導者向け)

・安全な乗馬と指導 講師・藤田知己氏

・安全な馬とのふれあい 講師・千葉祥一氏

第一部、二部ともに、予想を超える方々に参加いただき、大盛況。終了後も「わかりやすかった」「勉強になった」と、参加者の皆さんから称賛の声を多数。「来年も、またやってくださいね」とリクエストのご意見を聞きながら、無事終了となりました。

第一部 藤田氏の講演。会場は満席の大盛況。
第二部は二班にわかれての実馬を使った実習。手前が藤田氏による「安全な乗馬と指導」の講演。右奥が千葉氏による「馬との安全な接し方」の講演。
藤田氏の指導に真剣に聞き入る参加者たち
千葉氏から、馬と仲良くなる方法を教えてもらい、深くうなずく参加者たち

7月15日 第57回鹿追町競ばん馬競技大会協力

半世紀以上の歴史を持つ鹿追町での祭典ばん馬大会に、本年度も協賛金と副賞を提供いたしました。

当日は、断続的に雨が強まるなど、良いコンディションではありませんでしたが、そんな中でも、ソリを曳く「ばん馬」だけではなく、速歩競技、繋駕競技など、多彩な競技が次々と行われ、観客を沸かせていました。

年々、減少する草ばん馬大会ですが、生産者の意欲向上のためにも、是非、こうした歴史ある大会を継続していただきたいものです。そのために、微力ながら、当会も支援を続けていきたいと考えております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

7月7日 馬牽引技術勉強会

当会では、馬耕技術伝承プロジェクトと題して、一昨年から馬耕技術の復興・伝承事業を進めてきましたが、今回は、更にそれらの事業を発展させる一歩として、馬による牽引技術について勉強会を実施いたしました。

場所は、前記プロジェクト開始当初から技術の習得に邁進してこられた蛭川さんの農場=

忠類道の駅からほど近いノースポールステイブル・ヒルカワ。当日はあいにくの雨でしたが、遠くは神奈川県、埼玉県からも参加してくださる当会会員さんもいらして、総勢50名に近い人が集まり、いざ、勉強会開始。

厚真町で馬搬業を営む西埜さんと共に蛭川さんらが、荒地で刈られた草をテッタ―で攪拌、集草機で集草、その後、プラウで耕作、ハローで整地と、お昼ご飯を挟んで、馬による様々な農作業を披露しました。また、後半部では、実際に参加者がプラウでの耕作に挑戦。畑までの行き帰りには舗道車に乗る方もいて、降りしきる雨の中、最後まで「働く馬」を体感してもらう意義深いイベントとなりました。

刈り取った草を集草機で集草
プラウでの耕作体験も
お昼は蛭川さんが用意したテントでお弁当を食べながら馬談議

蛭川さんが集めた馬耕時代の様々な農機具も展示

ディスクハローなど様々な馬での牽引作業を、参加者一同、熱心に見学されていました