7月15日 第57回鹿追町競ばん馬競技大会協力

半世紀以上の歴史を持つ鹿追町での祭典ばん馬大会に、本年度も協賛金と副賞を提供いたしました。

当日は、断続的に雨が強まるなど、良いコンディションではありませんでしたが、そんな中でも、ソリを曳く「ばん馬」だけではなく、速歩競技、繋駕競技など、多彩な競技が次々と行われ、観客を沸かせていました。

年々、減少する草ばん馬大会ですが、生産者の意欲向上のためにも、是非、こうした歴史ある大会を継続していただきたいものです。そのために、微力ながら、当会も支援を続けていきたいと考えております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

7月7日 馬牽引技術勉強会

当会では、馬耕技術伝承プロジェクトと題して、一昨年から馬耕技術の復興・伝承事業を進めてきましたが、今回は、更にそれらの事業を発展させる一歩として、馬による牽引技術について勉強会を実施いたしました。

場所は、前記プロジェクト開始当初から技術の習得に邁進してこられた蛭川さんの農場=

忠類道の駅からほど近いノースポールステイブル・ヒルカワ。当日はあいにくの雨でしたが、遠くは神奈川県、埼玉県からも参加してくださる当会会員さんもいらして、総勢50名に近い人が集まり、いざ、勉強会開始。

厚真町で馬搬業を営む西埜さんと共に蛭川さんらが、荒地で刈られた草をテッタ―で攪拌、集草機で集草、その後、プラウで耕作、ハローで整地と、お昼ご飯を挟んで、馬による様々な農作業を披露しました。また、後半部では、実際に参加者がプラウでの耕作に挑戦。畑までの行き帰りには舗道車に乗る方もいて、降りしきる雨の中、最後まで「働く馬」を体感してもらう意義深いイベントとなりました。

刈り取った草を集草機で集草
プラウでの耕作体験も
お昼は蛭川さんが用意したテントでお弁当を食べながら馬談議

蛭川さんが集めた馬耕時代の様々な農機具も展示

ディスクハローなど様々な馬での牽引作業を、参加者一同、熱心に見学されていました

4月29日 山岸伸トークイベント開催

前述の写真展に合わせて、4月29日には山岸伸先生のトークイベントも開催いたしました。この日の帯広競馬場は、朝からゴールデンウィークイベントで賑わっていましたが、東京から高名な山岸先生が来られるとあって、ステージ前には早くから席を取る人が。

山岸先生と親交の深い阿部武臣騎手と谷あゆみ調教師も応援に駆け付け、ばんえい競馬との出会いから、朝調教での撮影秘話まで楽しい話に花が咲き、30分の開催時間はアッという間に終了しました。

なお、同イベントでは、山岸先生から、大型サイズの写真や、非売品のカレンダーが来場者にプレゼントされるサプライズも。観客の皆さん、大喜びのイベントとなりました。

左から山岸伸先生 谷あゆみ調教師 阿部武臣騎手

3月3日 太田宏昭サイン会実施

同日から始まった、ばん馬ギャラリーでの写真展に合わせて、帯広競馬場リッキーハウス横で太田宏昭さんのサイン会を実施いたしました。前月発売された同氏の写真集「ばんえい競馬 砂の軌跡」の発売記念の意味も込めたサイン会でしたので、リッキーハウスで写真集を購入した方々が、早速、写真集を広げて太田さんにサインを求めていました。

当会顧問の斎藤修さんも応援に駆けつけてくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3月3日~25日 太田宏昭写真展開催

本年度最後の、ばん馬ギャラリー展は、ばんえい競馬写真家としてお馴染みの太田宏昭さんの作品展。横150㎝×縦90㎝の大型パネル3枚と、A3パネル20枚の計23点の写真が一堂に会し、訪れた人々の心を深く打つ、静寂の中にも馬たちの熱い息遣いが伝わる上質の写真展となりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA